パソコン入力男


近頃は、ホームページを開設した後の運営についてお客様から相談を受け、
 

提案する場が増えてきたような気がします。


どんな業種でも自社、自店のホームページがあるのが当たりまえになってきました。

一昔前は、ホームページを開設すれば、売上が上がる。
 

顧客からの問い合わせが増える。


来店数が増える。と思われていたことでしょう。
 

昨今は、自社サイトを公開すること=電話帳に掲載するのと同じように載せていないと

会社、お店が存在しないのと同じといった感覚でしょうか。

だれもが、PC,スマホを使い、お店を探したり、調べものをしたり


あなたも普段から何かしら、調べる時は、インターネットを使うと思います。

公開して初めて、競合他社と同じ土俵に立ったと言えるでしょう。
 

しかし、ここ数年で、もはやホームページがあるのが当たり前の時代になり、

どうやって、サイトに訪問してもらい、顧客に行動を起こしてもらうか

サイトを開設してからの運営が重要になってきました。(WEBマーケティング)
 

訪問者に役立つ情報を定期的に更新し、サイトを見てもらう。

 
また、サイトにリピートして訪問してもらい、 

共感→ファン→アクション(行動

 

今までのようにサイトを公開したまま放置していては、

一度、訪問してもらっても訪問者は、二度とリピートして訪問してくれません。

他の良質なサイトに行ってしまいます。
 

以前は、静的なサイトで制作することが多かったのですが、

現在は、お客様がより簡単にサイトを更新できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)

でサイトを構築し、ご自身で
更新、情報を発信しやくするサイト導入の提案が増えてきました。
 

先日、ある記事を読んで共感したことがありました。

 
記事の内容は、CMS(コンテンツマネージメントシステム)
 
 
”ウエブで伝えたい情報がある場合、誰に伝えたいのかが一番重要になる。
会社のホームページであれば、取引先の会社、直接関係があるお客様、メディアなどだが、ターゲットユーザーを広げたり、変えたりする場合はコンテンツ自体も見直す必要がある。

コンテンツ管理システム(CMS)を使って情報発信している会社は、ターゲットユーザーが探しているだろうと思われるコンテンツをページにしていくことでどのような情報をターゲットユーザーが探しているかを探ることが出来る。

つまり、

コンテンツページがソナーの役割を果たすのである。

CMSを使えば、ソナーの役目を果たすコンテンツページを沢山作成できる。担当社員が行えば、ページ作成コストはゼロ。作成時間は、短く早く出来る。

伝えたい情報は、その情報を必要とする人たちに伝えれば良い。それ以外の人たちはいらない。

情報の絞込とターゲットユーザーのニーズがマッチングすれば検索エンジンが自然とその情報を探しているお客さんを連れてくる。”

 
今までとは違い、明らかに情報の速さ、質を重視したサイト運営が必要となります。

作ったまま放置しているサイトは、集客するための1つの手段としてCMSでサイト

構築を検討してみてはどうでしょう。

自社サイトでお客様のためになる情報を発信していきましょう。


お客様側で情報を発信いくページが一部分あれば、全ページCMSの必要はないと思います。

黒板右肩上がり