正体不明

 

 
お客さん先を訪問した時、とあるひとりの初老がいらしたので、要件だけを告げて足早に退散しようと思ったのですが…。

 
私がお客さんに告げ要件を聞いていた初老が「今は、インターネットの時代だね〜。」
 
「昔は、チラシを巻いてたけど、今は、チラシじゃほとんど反応がないみたいだね。」

この初老は何者か?
 
興味が湧いてきたので、
 
立ち話しを続けることに。
 
ご自身の若かい頃は、飛び込み営業も経験され、

売り込みは、一切せずににお客さんには、
「困っていることはないですか?」と聞いてまわっていたそうです。

お客さんから色々な仕事を頼まれれ、営業成績も上がったとか。
 
 何やら商売をされていたのだろうか?

日本全国をまわり、若い経営者向けに講演をしたりと
 
ただ者でない感じが。
 

関東商人はね、自社の宣伝ばかりお客のニーズに合わない提案ばかりで、ほとんど

断わっていたが、

関西商人は、お客さんの困ったを聞き出し、お客のニーズに合った商品を提供する。

「商売は、お客さんの困ったを解決することだよ!」
 
まさしく、私たちがやっている、やろうとしていることだと共感しました。
 
 
 
ますます興味が湧いてきた私は、名刺を交換をお願いしたところ
 
快く名刺交換して頂けました。
 

果たして、初老の正体は?

 
 
なんと会社の会長さんと判明!?
 
そこから、また、会話が弾みました。
 
会長の会社では、
 
ホームページからオファーを取り(顧客情報を入手)
 
会員登録・資料請求してくれたお客さん(リード)に向けてDMや冊子を送っている。
 
定期的に情報を発信することで、
 
成約率は、10%以上で売り上げも上がっているそうです。
 
ホームページを上手く活用し、サイトの目的、その後のフォローも徹底することで
 
高い成約率につながっているのだと感じました。
また、若い社員の育成にも力を入れていることわかりました。
 

社に戻り、早速、会長の会社を検索

 
やはり、内容の充実したお客さんの困ったを解決してくそうなすばらいサイトでした。 

後に名物会長だとお聞きし、なるほどなと思いながら、とてもためになる話しが思わぬところで、聞けたことで得した気分になりました。