スマホタップ

既にご存知の方もいると思いますが、Googleが2015年4月21日より、

”モバイルへの対応度(モバイルフレンドリー)をランキングシグナル
(順位を決定するための手がかり)

として活用すると公式ブログで発表した。”

過去記事

「Goolgeがモバイル対応サイト検索上位表示」

http://blog.eca.jp/archives/3494

弊社お客の医療系・飲食系のスマホ対応サイトでは、

今まで、パソコンサイトでは、問い合わせや予約フォームからの

コンバージョンがほんとんどなかったサイトが軒並み

スマホ対応サイトでは、直接電話番号をタップして電話での問い合わせが増えています。

これは、お客さん(閲覧者)が今まで入力フォームから問い合わせ、

予約をすることを面倒だと感じていたのかもしれません。

直接電話がかけれることでストレスなく問い合わせ、

予約ができるようになったのではないだろうか。

スマートフォンの普及によりこの様な機能が追加されることで、

利用者の手間が1つ省けたのではないだろうか?

医療系・飲食系のサイトは、一般的なコーポレートサイトとは違い

急をようする、場所を探したら、すぐに予約をしたい、電話で確認したいという心理が働くのだろう。

また、独自のサイトがなく、ポータル情報サイトだけに情報を掲載していても、

他と比較がしづらく、離脱した経験はないでしょうか?

独自サイトではあれば、ある程度他との差別化された情報を知ることができる、

比較がしやすいため、特に初めての場合は、電話で問い合わせてみようという経験はないでしょうか?

このニーズに応える上でも、独自サイトがあり、スマートフォンでも見やすいというのが

今後ますます必要となり、ビジネスチャンスが生まれるのでは

ないだろうか。